ディズニーランド(シー)内はペット同伴不可

犬のアップ

 

一度は行ったことがある「夢の国」ディズニーランド。とってもワクワクしますよね。ディズニーランドには現実を忘れさせてくれる工夫があちこちにあるんですよ。

 

例えば、パーク内からは外の景色が見えないように木を植えて視線を遮っていたり、時間を忘れて夢の世界を楽しめるように時計がなかったり(一部にあります)、鏡を見て現実に戻らないためにトイレの洗面台に鏡がない(少し離れた場所にある)など。

 

こんな工夫のおかげで、パーク内に一歩足を踏み入れるとスッと現実を忘れて楽しめるんですね。

 

そんな楽しいディズニーランドに行くとなったら、愛犬はどうしますか。家でお留守番させる?でも早朝から深夜まで家を空けるから心配ですよね。

 

近くのペットホテルに預けるにしても、早朝の出発なのでワンちゃんを預けるのは前の日、帰るのも深夜だから次の日まで預けるとなると、2泊3日になってしまいます。

 

それはさすがにワンちゃんも可哀想ですし、何よりお金かかる・・・じゃあ、ペットも一緒にディズニーランドに連れて行こう!となるかもしれませんが、

 

残念ながら、ペットを連れてディズニーランド(シー)に入ることはできません。

 

中に入ることはできませんが、入口近くにある「ペットクラブ」で預かってくれる施設があります。

 

ペットクラブの場所

 

マーキング用白背景

ペットクラブの場所

 

ディズニーランドにもシーにもそれぞれペットクラブがありますが、気をつけることはパーク外にあるということです。

ペット預かりサービス「ペットクラブ」とは

ペットクラブのトップページ

 

ディズニーランドに遊びに来た人のペットを預かってくれる、大変便利なサービスがペットクラブです。

 

上記のパーク写真でも示したように、場所はパークの外にあります。パークに入る前にペットをペットクラブに預けなければいけません。

 

家族で来た場合、家族みんなでペットクラブに行って手続きをするのか、パパと子供はパークのエントランスに並んで、ママだけペットクラブに行き、後で合流するかのどちらかになると思います。

 

とにかくいつでも混んでいるディズニーランドなので、着いてから慌てないように事前に家族で打ち合わせしておくといいですね。

 

ペットクラブで預かってくれるのは犬と猫のみです。さらに、狂犬病や混合ワクチンの接種確認が必要になります。

 

犬は狂犬病予防注射のタグなどの現物と混合ワクチンの接種証明書(コピー可)、猫は混合ワクチンの接種証明書(コピー可)がなければ預かってもらえません。

 

なお、盲導犬・聴導犬・介助犬は入園することができます。

 

狂犬病

市区町村が発行する今年度の狂犬病予防接種票(タグなど現物)

 

混合ワクチン

過去1年以内の接種日が確認できる接種証明書(コピー)

 

予防接種を受けていることが確認できないペットは預かってもらうことはできません。当日は絶対に忘れないようにしてくださいね。

 

ペットクラブの詳細

営業時間や料金は下記のようになります。

営業時間 開園30分前・閉園30分後まで(預かり受付は閉園30分前まで)
料金 2,880円
注意事項 犬は狂犬病と混合ワクチン、猫は混合ワクチンの確認が必要

 

一日中、開園から閉園までいても2,880円はリーズナブルですね。

 

ペットクラブでどのように手続きをするのか説明します。

 

ペットクラブのドアの横にインターホンがあるので、それを押すとスタッフの方が予約番号の確認(事前予約している場合)と狂犬病、混合ワクチンの接種確認を行います。

 

確認できたら部屋に中に入ることができます。そこで、飼い主さんとスタッフが詳しい打ち合わせをします。

 

ちなみにフードですが、問題なければパークで用意してあるフードを食べさせてもらえます。もしワンちゃんが、いつものフードじゃないと食べないなどある場合は、持参すればそれを食べさせてくれます。

 

受付が終わるとゲージの部屋へ行きますが、ここは1人しか入れません。家族みんなで行ったなら、代表の人だけ行くことになります。

 

ゲージの中へは毛布やキャリーバッグなどを入れることができます。お気に入りのおもちゃを入れることも可能です。ゲージはステンレスゲージで清潔が保たれています。

 

なおスタッフはお水やフードのお世話はしてくれますが、散歩などは行いません。飼い主さんはいつでも自由にワンちゃんに会いに行けるので、散歩などをしに行ってあげるとワンちゃんも喜びそうですね。

 

事前予約ができる

 

ディズニーランドもディズニーシーもペットクラブがあり、事前に予約できます

 

事前予約の受付は利用1ヶ月前の同日から利用日前日まで、受付時間は10:00から19:00までです。

 

電話で予約すると予約番号がもらえるので、当日はペットクラブでその予約番号を伝えます。予約の電話の時点で狂犬病ワクチンや混合ワクチンの接種日を確認されます。

 

当日は

予約番号

料金(一匹につき2,880円)

接種証明

が必要なので忘れすに持って行ってくださいね。

 

かわいいペットを預けたら、あとは安心して思いっきりディズニーランドを楽しめますね。気になったらいつでもで会いに行けますし、そういう点ではすぐ近くにあるペットクラブに預けるといいですよね。

 

いっぱい楽しんだあとは、頑張ってお利口さんに待っていたペットをたっぷりかわいがってあげてくださいね。

周辺のホテルでペット宿泊OKのところは

遠くからディズニーランドに来たら1泊か2泊しますよね。そんな時愛犬も一緒に泊まれるホテルがあったらいいですね。

 

調べてみるといくつかペット宿泊OKなホテルがあったので紹介していきたいと思います。

 

ヒルトン東京ベイ

 

ヒルトン東京ベイ

東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテル「ヒルトン東京ベイ」です。

 

このホテルではなんとペット(犬か猫)と同じ部屋に泊まれるんです。ホテルに隣接したペットホテルにペットを預けることができるホテルはいくつかありますが、この周辺で同室宿泊できるホテルはヒルトン東京ベイだけです。

 

ディズニーランド(シー)に遊びに行っている間はパーク施設の「ペットランド」に預け、夜は同じ部屋で泊まれるなんてとてもいいですよね。

 

ペット同室OKの客室は海側40uのゆったりしたお部屋で、最大4名まで利用できます。

 

食事やおやつは持参する必要がありますが、ペットーサークル、トイレトレー、ペットシート、ペット用ベッド、食器、ゴミ箱が用意されています。

 

なお、ペットと宿泊する際は「お客様承諾書」をチェックインの時に提出しなければいけません。11項目にわたって承諾事項が書かれてあるので、前もって確認しておくと安心です。

 

 

承諾書にも書かれていますが、客室内にペットだけを残していくことはできません。また散歩などのお世話もスタッフが行うことはなく自身で管理するように書かれています。

 

そして最後に、このプランは電話予約のみになっています。電話で予約するときに、不安や疑問に思ったことなどを聞いておくといいと思います。

 

SPA&HOTEL 舞浜ユーラシア

 

スパ&ホテル舞浜ユーラシア

ディズニーランドの近くに建つSPA&HOTEL 舞浜ユーラシアは「HOTEL EURASIA」と「SPA EURASIA」で構成されていて、宿泊とスパ施設の両方が楽しめます。

 

東京湾や周辺の夜景を楽しむことができる露天風呂つきの客室やファミリー向けの部屋などさまざまなタイプの部屋があります。

 

このホテルでははペットと同室宿泊はできませんが、「SPA EURASIA]2Fにあるペットスクエア「ムーワン」でペットの一時預かり、宿泊ができます。

 

ここの特徴はSPAだけあってワンちゃんにも温泉浴ができることです。泉質はナトリウム塩化物強塩温泉で、塩分が強いのでワンちゃんに合わせて薄めています。

 

その効能は温泉の効果で血行かよくなり、毛つやがサラサラに。きっとワンちゃんも気持ちいいでしょうね。

 

もちろんペットホテルだけでなくシャンプー・トリミングもあるので、飼い主さんがディズニーランドで楽しんでいる間にワンちゃんをキレイに可愛くしてもらうこともできます。

 

預けっぱなしでは散歩が心配ですが、オプションで散歩をしてくれるサービスもあり、飼い主さんにもワンちゃんにも至れり尽くせりです。

 

ホテルニューオータニ幕張

 

ホテルニューオータニ幕張いちごハウス

ディズニーランドから電車で20分、車でも30分ほどの距離にあるホテルニューオータニ幕張は「いちごハウス」という名前のペットホテルが併設されています。

 

老舗の一流ホテルながらプランによってはリーズナブルに宿泊でき、ディズニーランド・グッドネイバーホテルに加盟しているので、無料シャトルバスもあり便利ですね。

 

併設しているペットホテル「いちごハウス」はホテルニューオータニの敷地内にあり、愛玩動物飼養管理士の資格を持つホテル専用スタッフがお世話します。

 

特徴はなんといっても広々とした庭園内を散歩できることです。1日2回の散歩でリラックス効果抜群です。

 

普段はゲージの中で遊んでいますが、ゲージ内が飽きたワンちゃんは、屋内外に設けられた広いプレイスペースで思い切り走り回れます。

 

ペットホテルに預けるとどうしてもワンちゃんが運動不足になってしまいがちですが、広々スペースで走り回れたら運動効果もばっちりです。

 

もちろんトリミングやシャンプーなどのサービスも行っているので、預けたついでにワンちゃんをキレイにしてもらうのはどうでしょうか。

 

やはりヒルトン東京ベイがディズニーランドに近い、ペットと同室宿泊ができるという点で、一番おすすめです。

 

ディズニーランドを楽しみたい!ワンちゃんとも出来るだけ一緒にいたい!という方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

トップページのランキングバナー