犬が皮膚炎になる原因は?

飼い主を見つめるミニチュアダックスフンド

 

ワンちゃんを飼っていると下痢や嘔吐など体調不良で病院に連れて行くということはよくあることですが、中でも最も動物病院へ連れて行く事が多いケースとして皮膚炎が挙げられます。

 

人間でも肌荒れや湿疹などが出ることがありますが、痒さを我慢せずに爪で掻きむしったり、舐めたりしてしまう犬の場合にはより深刻化し、症状が長期化することがよくあるので十分な予防と発症後のケアが重要になります。

 

皮膚炎の要因は主に2つ

犬が皮膚炎を患う原因として、内的要因と外的要因に分類することができます。内的要因では内臓系の疾患やストレス、外的要因としてはダニなどの寄生虫やシャンプー、アレルゲン物質などが主なものになっています。

 

犬はストレスが溜まると同じ箇所をずっと舐め続けたり、噛んでしまうことがあるので、そうしたストレスから来る異常行動によって皮膚のバリアが崩れ、細菌感染など二次感染に繋がります。

 

また外的要因として多い寄生虫によるものでは、家のカーペットなどに潜むダニ、また散歩中に他の犬や猫などからそうした寄生虫を貰ってしまうこともあります。

 

その他にもハウスダストやカビなど人間にとってのアレルゲンが犬にも皮膚炎を起こしてしまうこともあるので、屋内や屋外に関わらず清潔な環境を整えることが重要です。

皮膚炎でよく見られる症例について

膿皮(のうひ)症

 

皮膚炎は犬にとって身近な病気の一つですが、中には悪化して膿皮症を患う場合があります。

 

人間でも発症する膿皮症ですが、これは皮膚で膿皮症の原因菌が異常に繁殖したことで起こる化膿状態を指します。初期症状では赤いポツポツとした発疹が見える程度なのですが、重症化すると膿を排出し、ジュクジュクとした状態になります。

 

化膿しているため膿を排出し、見た目にも痛々しい状態になってしまうのですが、原因も人間と共通して黄色ブドウ球菌が主なものです。

 

犬は人の皮膚に比べ、角質層が薄くバリア機能が貧弱なので、たとえ人間と同じ環境で生活をしていても犬だけがこうした膿皮症を発症してしまうことがよくあるのですが、主な原因としてはやはり環境面が大きな点になります。

 

犬の飼育環境の不衛生はもちろん、湿気が多くなる梅雨の時期などには原因菌が大量に発生することもあるので、そうした季節ごとのケアも大事です。

 

またドッグフードが合わないなどでアレルギーを起こしている場合でも、皮膚の基礎疾患を発症し、結果的に膿皮症を引き起こしてしまうことがありますので、トータルでのケアが必要です。

 

マラセチア皮膚炎

 

皮膚が赤く炎症していたり、常に痒そうにしている等目に見えて特徴的な症状が発生している場合には皮膚炎が疑われますが、それに加え皮膚のベタつきや臭いの変化などが現れた場合にはマラセチア皮膚炎が疑われます。

 

このマラセチアとはカビ菌の一種を指しますが、何らかの感染源によってうつされたというものではなく、元々犬の皮膚に少数生息しているものです。

 

これらマラセチアは主に皮脂を食料にしているのですが、何らかの原因で皮脂の分泌が増えてしまうと、相対的にマラセチアも増殖し特異な皮膚疾患を引き起こします。

 

シーズーに多いのが特徴

こうしたマラセチアというカビ菌が原因となり発症するマラセチア皮膚炎ですが、日本では主にシーズー犬に多く見られるという傾向があります。

 

その他の犬種ではパグやゴールデンレトリバーなどにもよく見られますが、シーズー犬が有意な差で発症率が高いので、上記に挙げたような湿り気を伴った皮膚の炎症や臭いなどの変化が現れればこうしたマラセチア皮膚炎を疑う必要があります。

 

治療ではシャンプーで清潔な状態を維持することはもちろん、マラセチア皮膚炎に有効な内服薬を用いながら約1ヶ月程度で完治します。

 

アトピー性皮膚炎

 

アトピー性皮膚炎は何らかのアレルゲンが原因となり炎症などの皮膚疾患を引き起こす病気ですが、犬の場合にも多くのケースが報告される病気です。

 

主に柴犬やシーズー犬などに見られる症状ですが、日本国内で一般的に飼育されている犬種ではほとんどがアトピー性皮膚炎のリスクがありますので、犬種に関わらずケアしてあげることが大切です。

 

その症状は耳や顔など皮膚の薄い箇所に現れやすく、皮膚の炎症や苔癬化(たいせんか)と呼ばれる皮膚が硬くなってしまう症状などが出てきます。またより重篤なものになれば脱毛も見られ、全体的に毛が抜け落ちてしまうこともあります。

 

原因特定が難しいのがやっかいな所

犬に見られるアトピー性皮膚炎も何らかのアレルゲンが原因となっていると考えられますが、アレルゲンにはダニやカビなど非常に幅広い種類が考えられるので、食物性アレルギーの検査やその他の感染症などの検査を経て消去法でこうしたアトピー性皮膚炎であるとの診断が下されます。

 

こうしたアトピー性皮膚炎は根本的な治療方法は無く一生付き合っていく病気なので、ダニやカビなどのアレルゲンとなるものを除去し、犬にとって清潔で心地良い環境を作るなどのケアが必要になります。

皮膚炎を悪化させないための効果的な対策とは

凛々しいビーグル犬

 

犬は皮膚炎になると爪で掻きむしったり、ずっと舐めてしまうなどさまざまな行動を取るので、良くなったと思ってもすぐに再発してしまいます。

 

こうした皮膚炎の発症を繰り返すと次第に悪化して、より重篤な皮膚炎を引き起こすことがあるので、犬の皮膚炎対策にはまず悪化させないということが重要になるのですが、普段の生活の中でもこうした対策を行うことが可能です。

 

犬種にも寄りますが、犬の毛にはさまざまなアレルゲンが付着するので、定期的にシャンプーをしてあげると、肌の状態を清潔に保ちながらアレルゲンを除去することができます。

 

もちろん皮膚炎を患っている犬の場合には獣医と相談しながらより刺激の少ないものを選ぶ必要がありますが、間違っても人間のものを使用してはいけません。

 

また犬が使用する毛布やベッドなどにダニやハウスダストが発生していると、当然皮膚炎を悪化させてしまうので、こまめに掃除を行い、犬の生活空間を常に清潔に保ってあげることが必要になります。

 

この他にも身体に合ったドッグフードを選ぶなど犬の体質毎にさまざまな対策がありますので、ぜひ獣医と相談しながら皮膚炎を悪化させない環境を作ってあげてください。