犬種によって被毛の生え方が違う

ミニチュア・ダックスフンドの子犬

 

ワンちゃんを室内で飼って困ったことに常に上位に位置する悩み、それは抜け毛です。

 

人間も抜け毛はありますが、全身に被毛が生えているワンちゃんの抜け毛はハンパなく、部屋中毛だらけなんてこともよくあります。

 

でも実は犬にも抜け毛の多い子とそうでない子がいます。それは被毛の生え方の違いによるものです。

 

ワンちゃんの被毛は犬種によって「シングルコート」と「ダブルコート」に分かれます。

 

シングルコート

 

シーズー

シングルコートは被毛が一重になっています。そのため毛が生えかわる換毛期がないので、抜け毛は少ないとされています。

 

ふわもこのプードルは抜け毛が少ないのでよく知られていますね。

 

シングルコートのワンちゃんは毛が伸び続ける犬種(長毛犬種)が多いので定期的にトリミングが必要です。毛玉防止の為にも毎日のフラッシングは欠かせません。

 

被毛の短い短毛犬種もいます。長毛に比べれば手入れは楽ですが、被毛と皮膚の健康維持のため定期的にブラッシングが必要です。

 

シングルコートの犬種

 

プードル、マルチーズ、ヨークシャ・テリア、シーズー、ミニチュア・ダックス(スムース)、グレート・デーン、ボクサーなど

 

ダブルコート

 

ボーダーコリー

ダブルコートは「下毛(アンダーコート)」と「上毛(オーバーコート)」の2重構造になっていて、だいたい春と秋の2回生え変わります。

 

アンダーコートは寒さを守るために生えてきます。冬が近づいてくると柴犬やハスキーなどはちょっと太った?と思うくらい被毛がふわっとなります。

 

そして寒い季節から暖かくなってくるとにふわふわの下毛がたくさん抜けるのです。

 

換毛期になると室内で飼っている場合は特に部屋中毛だらけで掃除が大変です。掃除機をかけてもすぐにふわふわの毛が飛びキリがないくらいです。

 

掃除が大変すぎるというのであれば、普段から家中好きなところを行き来できるようにするのではなく、場所を決めておけば毛だらけになる部屋も少なくてすみます。

 

換毛期はある程度抜け毛を覚悟しないといけませんが、毎日こまめにブラッシングをすると飛び散る毛の量もだいぶ違ってきます。

 

ブラッシングはコミュニケーションにも役立ちますし愛情とともに換毛期を乗り切りましょう。

 

ダブルコートの犬種

 

柴犬、ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、ボーダーコリー、シェットランド・シープドッグ、シベリアンハスキー、ミニチュアシュナウザーなど

抜け毛とドッグフードの関係

犬の抜け毛

 

抜け毛の時期ではないのによく抜ける場合はドッグフードが原因かもしれません。

 

市販の安いドッグフードは原材料そのものにあまり栄養価がないのもが多く、ドッグフードとして販売するためには人工的な添加物や酸化防止剤などで総合的に栄養があるようにしているのです。

 

しかしもちろんそのような添加物はワンちゃんの体に良くないので、食べ続けるうちに皮膚のかゆみや湿疹などのトラブルがでてくることがあります。

 

動物病院で薬をもらって一時は良くなりますが、食べ物を変えないかぎりまた同じ悩みがでてきます。